【営業時間】
9:00~17:00

【定休日】土・日・祝
園田会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属
お気軽にお問合せください。
園田会計事務所

TEL:03-3778-2536
mitsumoto-sonoda@tkcnf.or.jp

経営計画書作成の勧め

経営計画書作成の勧め
・・・いま、なぜ経営計画が必要なのか?


創業、起業、新規設立会社を軌道に乗せるためには
どうすればよいのでしょう?
何が必要なのか、なぜ必要なのか。検討していきましょう。

融資の必需品、それは経営計画

この事実、あなたはご存知ですか?
金融検査マニュアルの運用が本格化し、資産査定重視から
リスク管理重視へ移行しています。

従って、会社が融資を受けようとする場合には、
これまでのような担保のみに頼ったり、
過去の取引歴などに頼っていては、融資が受けられず、
会社の収益や財務内容を開示する必要があります。

特に赤字又は業績悪化の会社においては、
単に決算書を提出するだけでなく、経営者が会社の問題点は
どこにあるのか、いつまでにどう立て直すのか、と言った
自社の現状と改善策を明確にして行く経営計画が求められています。

金融機関は、会社をどう区分しているか?

金融機関は独自に開発した企業格付けによって会社を、スコアリングしています。
これにより、債務者区分をおこなっています。

債務者区分とは、債務者の信用リスク管理のための区分で、
融資先の会社を次の5段階に区分することです。

1.正常先
特に問題のない債務者
2.要注意先
金利減免、棚上げ等貸出条件に問題のある債務者
3.破綻懸念先
経営難の状態にあり、経営破綻に陥る可能性が大きい債務者
4.実質破綻先
深刻な経営難の状態にあり、再建の見通しがない等
実質的に経営破綻に陥っている債務者
5.破綻先
法的、形式的な経営破綻の事実が発生している債務者


この分類は、融資を決定する重要なポイントになります。

企業格付けと債務者区分

企業格付けとは、融資を行う際にチェクリストを用いて会社を評価することで、
金融機関がスコアリングシート用いて実施します。

融資を行うことが、可能か。
行うにしても、そのリスクはどの程度のものか。

これを、債務者ごとに、融資案件ごとに審査しそれを積み上げ、
信用リスク管理を行っています。
この企業格付けを基に、経営計画の内容を加味して
債務者を5つに区分するのが、債務者区分です。

大会社の企業格付けは、よくお聞きになると思います。
大会社だけでなく、中小企業も格付けされます。
その結果が、融資に反映される訳です。

経営計画についてのよくあるご質問

それでは経営計画書を作成するにはどうしたらよいのか、
また、融資を受けるときの疑問など実際に寄せられているご質問から
回答させていただきます。


Q 経営計画が何で必要か、分かりやすく説明して下さい。

A 自社の経営実態を的確に判断できる資料を、経営者自らが作成し、将来像を明確にしていく為です。


Q 経営計画には、どんなものがありますか?

A 創業時に作成する創業計画、現在の問題点と改善策を明らかにする経営改善計画、より積極的に経営力の向上を目指す経営革新計画が、主なものです。

又、期間的には、長期(10年程度)、中期(3~5年)、短期(1年)に区分することができます。


Q 銀行は、融資先の選別をしていると聞きますが?

A 銀行の融資は、担保や取引歴などで決定されるのではなく、事業の収益性や財務内容で判断されます。
そのため、融資先の選別に際しては、経営者が経営計画を作成
その実態を開示するよう求めています。


Q 中小企業の支援策があると聞きましたが?

A 中小企業を日本を元気にする立て役者と位置づけ、創業や経営革新を促進する新事業創出促進法、中小企業経営革新支援法等に基づき、金融、補助金、助成金、税制、信用補完等の支援策を設けています。


Q 支援策を利用するには、どうするのですか?

A 創業計画や経営革新計画が必要になります。
この支援策の詳細は、

TKC全国会ホームページ(http://www.tkcnf.or.jp/)
中小企業庁ホームページ (http://www.chusho.meti.go.jp/

でご覧になれます。

Q 経営計画作成のポイントを教えて下さい。

A まず、今期の経営方針と重点課題を整理します。
そして、5つの質問に答えて下さい。


  1. 目標経常利益は、いくらですか
  2. 売上高の目標は、いくらですか
  3. 粗利益率は、どれだけですか
  4. 従業員の給与、賞与をどうみていますか
  5. 期末の人員は何人ですか

この5つから導いた1年のシュミレーションを行い、次期の基本計画を策定します。
これを基に、経営者は、色々な角度から検討していくことが、スタートです。


Q 計画が出来たら、その後のフォローは、どうするのですか?

A 定期的な業績検討会を開催し、計画と実績の差異を確認し、今後の課題を考え、行動していくことが重要です。



☆経営計画は、経営者の頭の中にあることを書いてみる、始めてみることが、ポイントです。


-孤軍奮闘する経営者へ-

相談する相手がいなくてお困りの時は、ご相談下さい。

経営計画に関するどんな質問も、電話、FAX、Eメールでお答えします。


お問い合せ先

フリーダイヤル:0120-377826

フリーFAX:0120-377432

Eメール:info@sonodacpa.jp